manapedia
更新日時:
『初草の生ひゆく末も知らぬ間にいかでか露の消えむとすらむ』わかりやすい現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
20,120 views
はじめに

このテキストでは、源氏物語の「若紫」で詠まれている歌「初草の生ひゆく末も知らぬ間にいかでか露の消えむとすらむ」の現代語訳・口語訳、品詞分解とその解説を記しています。



原文

初草生ひゆく末も知らぬ間にいかでか露の消えむとすらむ

ひらがなでの読み方

はつくさのおひゆくすえもしらぬまに いかでかつゆのきえむとすらむ

現代語訳

萌え出したばかりの若草が成長していく将来もわからないうちに、どうして露は消えようとするのでしょうか。

解説

少女の世話役である尼が詠んだ「生ひ立たむありかも知らぬ若草をおくらす露ぞ消えむそらなき」という歌を聞いてもらい泣きした女房が詠んだ歌。「初草」は少女を、「露」は今日明日の命かもしれない尼君のことを指している。



単語・文法

初草幼い子どもを指す例えとして用いられるが、ここでは若紫に登場する少女のことを指している
生ひゆくカ行四段活用「生ひゆく」の連体形。成長していく、大きくなる
少女の世話役である尼君のことを指している
消えヤ行下二段活用「きゆ」の未然形。消えてなくなる、死ぬ


品詞分解

※名詞は省略しています。

初草
格助詞
生ひゆくカ行四段活用・連体形
係助詞
知らラ行四段活用・未然形
打消の助動詞・連体形
格助詞
いかで副詞
係助詞
格助詞
消えヤ行下二段活用・未然形
意志の助動詞・連体形
格助詞
サ行変格活用・終止形
らむ現在推量の助動詞・連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。