manapedia
更新日時:
『丹波に出雲といふ所あり』の品詞分解(助動詞など) 徒然草
著作名: 走るメロス
254,449 views
丹波に出雲といふ所あり

このテキストでは、徒然草に収録されている「丹波に出雲といふ所あり」の品詞分解を記しています。



※現代語訳:『丹波に出雲といふ所あり』わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説

※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。
品詞分解

※名詞は省略しています。


丹波に出雲と云ふ所あり。大社を移して、めでたく造れり。しだの某とかやしる所なれば、

丹波
格助詞
出雲
格助詞
云ふハ行四段活用「いふ」の連体形
あり。ラ行変格活用「あり」の終止形
大社
格助詞
移しサ行四段活用「うつす」の連用形
て、接続助詞
めでたく形容詞・ク活用「めでたし」の連用形
造れラ行四段活用「つくる」の已然形
り。存続の助動詞「り」の終止形
しだの某
格助詞
係助詞
間投助詞または係助詞
しるラ行四段活用「しる」の連体形
なれ断定の助動詞「なり」の已然形
ば、接続助詞



秋の比、聖海上人、その他も人数多誘ひて、「いざ給へ、出雲拝みに。かいもちひ召させん。」とて具しもて行きたるに、各々拝みて、ゆゆしく信起したり。

格助詞
ころ、
聖海上人、
代名詞
格助詞
係助詞
数多副詞
誘ひハ行四段活用「さそふ」の連用形
て、接続助詞
「いざ感動詞
給へ、ハ行四段活用「たまふ」の命令形
出雲
拝みマ行四段活用「をがむ」の連用形
に。格助詞
かいもちひ
召さサ行四段活用「めす」の未然形
使役の助動詞「す」の未然形
ん。」意志の助動詞「む」の終止形
とて格助詞または格助詞「と」+接続助詞「て」
具しサ行変格活用「ぐす」の連用形
もて行きカ行四段活用「もていく」の連用形
たる完了の助動詞「たり」の連体形
に、接続助詞
各々副詞
拝みマ行四段活用「をがむ」の連用形
て、接続助詞
ゆゆしく形容詞・シク活用「ゆゆし」の連用形
起しサ行四段活用「おこす」の連用形
たり。完了の助動詞「たり」の終止形


【「ゆゆし」の意味は?】


1ページ
前ページ
1/3
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。