新規登録 ログイン
検索条件
タグ すける物思ひ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
伊勢物語『すける物思ひ』 このテキストでは、伊勢物語の第40段『すける物思ひ』(昔、若き男、けしうはあらぬ女を思ひけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※伊勢物... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『すける物思ひ』 ここでは、伊勢物語の第40段『すける物思ひ』(昔、若き男、けしうはあらぬ女を思ひけり〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 伊勢物語『すける物思ひ』の現代語訳と解説... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ばや このテキストでは、古文単語「ばや」の意味、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 「ばや」には、「①終助詞としての用法」と「②連語としての用法」がある。 ①終助詞 終助詞として... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すく/好く このテキストでは、カ行四段活用の動詞「すく/好く」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「すく」には ①好く ②空く/透く ③鋤く などの用法があるが、ここ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
けしうはあらず/異しうはあらず 連語 シク活用の形容詞「けし」の連用形「けしく」のウ音便「けしう」と係助詞「は」、ラ行変格活用「あり」の未然形「あら」、そして打消の助動詞「ず」が一語になったもの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さかしら/賢しら 名詞 意味1 利口ぶること、賢そうにふるまうこと。 [出典]:万葉集 「あな醜さかしらをすと酒飲まぬ人をよく見ば猿にかも似る」 [訳]:ああみっともない。賢そうにふるまって酒を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さこそいへ/然こそ言へ 連語 副詞「さ」と係助詞「こそ」、そしてハ行四段活用「言ふ」の已然形「いへ」が一語になったもの。 意味 そうは言うものの、さすがに。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こころいきほひ/心勢ひ 名詞 意味 (自分の意志を通す) 気力、気迫。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「人の子なれば、まだ心いきほひなかりければ、とどむるいきほひなし。」 [訳]:(男性は... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いやまさりに/弥増さりに 副詞 意味 ますます激しく、さらに多く。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「人の子なれば、まだ心いきほひなかりければ、とどむるいきほひなし。女もいやしければ、すまふ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おひうつ/追ひ棄つ タ行下二段活用 |未然形|おひうて| |連用形|おひうて| |終止形|おひうつ| |連体形|おひうつる| |已然形|おひうつれ| |命令形|おひうてよ| 意味:他動詞 追い出... (全て読む)

1

2

3

4