新規登録 ログイン
検索条件
タグ 西光被斬

1

9_80
Text_level_1
平家物語 西光被斬 さるほどに山門の大衆先座主を取りとどむるよし、法皇聞こし召して、いとど安からず思し召されける。西光法師申しけるは、 「山門の大衆、みだりがはしき訴へ仕る事、今にはじめずと申し... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 西光被斬 新大納言成親は、山門の騒動によって、私の宿意をばしばらくおさへられけり。そも内義支度はさまざまなりしかども、義勢ばかりでは、この謀反かなふべうも見えざりしかば、さしもたのまれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 西光被斬 入道大きに驚き、大声をもって、侍共呼びののしり給ふ事、聞くもおびただし。行綱なまじひなる事申し出だして、証人にやひかれんずらんとおそろしさに、大野に火を放ったる心地して、人も... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 西光被斬 太政入道、まづ雑色をもって、中御門烏丸の新大納言成親卿のもとへ、 「申しあはすべき事あり。きっと立ち寄り給へ」 とのたまひつかはされたりければ、大納言我が身のうへとはつゆ知ら... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 西光被斬 西光法師この事聞いて、我が身のうへとや思ひけん、鞭をあげ、院の御所法住寺殿へ馳せ参る。平家の侍共、道にて馳せむかひ、 「西八条へ召さるるぞ。きっと参れ」 と言ひければ、 「奏... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 西光被斬 西光もとよりすぐれたる大剛の者なりければ、ちっとも色も変ぜず、わろびれたる気色もなし。居直りあざわらって申しけるは、 「さもさうず。入道殿こそ過分の事をばのたまへ。他人の前は... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とどまる/止まる/留まる/停まる このテキストでは、ラ行四段活用の動詞「とどまる/止まる/留まる/停まる」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ラ行四段活用 |未然形|... (全て読む)

1