新規登録 ログイン
検索条件
タグ 忘れ貝

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
土佐日記「二月四日/忘れ貝」 このテキストでは、土佐日記の「四日。楫取り、『今日、風雲のけしきはなはだ悪し』と言ひて〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『二月四日/忘れ貝』 このテキストでは、土佐日記の「四日。楫取り、『今日、風雲のけしきはなはだ悪し』と言ひて〜」から始まる部分の品詞分解を行っています。書籍によっては「二月四日」や「忘れ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
忘れ貝 二月四日 四日。楫取、 「今日風雲の気色はなはだ悪し」 と言ひて、船出ださずなりぬ。しかれども、ひねもすに波風立たず。この楫取は、日もえ計らぬかたゐなりけり。 この泊の浜には、草々のうる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しかれども/然れども ※ラ行変格活用「しかり」の已然形と接続助詞「ども」が合わさったもの。本来は漢文訓読文に用いられたものであり、和文では「されども」が用いられた。ちなみに土佐日記では漢文訓読文... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひねもす/終日/尽日 ※多くが「ひねもすに」の形で用いられる。「ひめもす/ひめむす/ひねむす」とも。 名詞 意味 朝から晩まで、一日中。 [出典]: 忘れ貝 土佐日記 「四日。楫取り、『今日、風... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かたゐ/乞丐/乞児 名詞 意味1 こじき、物乞い。 [出典]:職の御曹司におはしますころ、西の廂にて 枕草子 「また、尼なるかたゐの、いとあてやかなる、出で来たるを、また呼び出でて、物など問ふに... (全て読む)
9_80
Text_level_1
くさぐさ/種種 名詞 意味 種類が多いこと、様々、いろいろ。 [出典]: 忘れ貝 土佐日記 「この泊の浜には、くさぐさのうるはしき貝・石など多かり。かかれば、ただ昔の人をのみ恋ひつつ、船なる人の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かかれば/斯かれば 名詞 意味 このようなわけで、こういうわけだから、だから。 [出典]: 忘れ貝 土佐日記 「この泊の浜には、くさぐさのうるはしき貝・石など多かり。かかれば、ただ昔の人をのみ恋... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、土佐日記の「四日。楫取り、『今日、風雲のけしきはなはだ悪し』と言ひて〜」から始まる部分( 二月四日/忘れ貝)に収録されている歌「寄する波うちも寄せなむわが恋ふる人忘れ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こころやり/心遣り 名詞 意味 気晴らし、憂さ晴らし、慰み。 [出典]: 忘れ貝 土佐日記 「『寄する波うちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝降りて拾はむ』と言へれば、ある人のたへずして、船の心やりに... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!