新規登録 ログイン
検索条件
タグ 山上憶良

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「憶良らは今は罷らむ子泣くらむ それその母も我を待つらむそ」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解を記しています。 [ad 001] ※... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ いづくより来りしものそ目交にもとなかかりて安眠しなさぬ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解を記して... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「銀も金も玉も何せむに勝れる宝子に及かめやも」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。作者は山上憶良です。 [ad 001] ※万葉集... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ いづくより来りしものそ目交にもとなかかりて安眠しなさぬ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしてい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「世の中を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば」という歌について説明していきます。 原文 世の中を 憂しと やさしと思へども飛び立ち... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、万葉集で詠まれている「士やもむなしくあるべき万代に語り継ぐべき名は立てずして」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 士やも むなしくあるべき万代に語り... (全て読む)
17_80
Text_level_2
天平文化 律令制度は中央集権的な国家運営が目指され、その結果日本各地から様々な富が中央に集まりました。皇族や貴族は、これらの富を享受し、平城京を中心に貴族文化が花開きました。 この文化を聖武天皇... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まかる/罷る このテキストでは、ラ行四段活用の動詞「まかる/罷る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ラ行四段活用 |未然形|まから| |連用形|まかり| |終止形|... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」の原文、現代語訳・口語訳とその品詞分解を記しています。作者は山上憶良です。 [ad 001] ※... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しぬはゆ/偲はゆ このテキストでは、古文単語「しぬはゆ/偲はゆ」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 成り立ち ハ行四段活用「しぬふ」の未然形「しぬは」と上代の自発の助動詞「... (全て読む)

1

2

3

4