新規登録 ログイン
検索条件
タグ 柿本人麻呂

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解を記しています。 ※この歌の長歌: 「... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に詠まれている「近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのに古思ほゆ」という歌について説明していきます。ちなみに万葉集の266首目の歌です。 原文 近江の海 夕波千鳥汝... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集にある歌「東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」の現代語訳・口語訳とその解説、そして品詞分解をしています。 原文 東の 野に炎の 立つ見えて かへり見す... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に詠まれている「淡海の海夕波千鳥汝が鳴けば情もしのに古思ほゆ」という歌について説明していきます。ちなみに万葉集の266首目の歌です。 原文 淡海の海 夕波千鳥汝... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、柿本人麻呂が詠んだ歌で万葉集に収録されている「東の野にかげろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ」という歌について説明していきます。 原文 東の野にかげろひの立つ 見えて... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 ※この歌の長歌: 「天... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、万葉集で詠まれている「ささなみの志賀の唐崎幸くあれど大宮人の船待ちかねつ」という歌について説明していきます。 原文 ささなみの志賀の唐崎幸くあれど大宮人の船待ちかねつ 現代語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「石見(いはみ)のや、高角山(たかつのやま)の、木(こ)の間(ま)より、我(わ)が振(ふ)る袖(そで)を、妹(いも)見つらむか 」という歌について... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「笹の葉はみ山もさやにさやげども我は妹思ふ別れ来ぬれば」という歌について説明していきます。 原文 笹の葉はみ山もさやにさやげども我は妹思ふ別れ来ぬ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ちはやぶる/千早振る ①連体詞 意味 勢いが強い、荒々しい。 [出典]:古事記 「この沼の中に住める神、いとちはやぶる神なり。」 [訳]:この沼の中に住んでいる神は、たいそう荒々しい神である。 ... (全て読む)

1

2

3

4