新規登録 ログイン
検索条件
タグ 社会契約説

1

18_80
Text_level_2
政治思想の変革期 科学革命や、近代哲学の成立など、17世紀から18世紀にかけてのヨーロッパ文化は、さまざまな分野で新たな展開を迎えます。政治思想も同じように、劇的な変化を遂げます。 それまで、ヨ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
社会契約説の登場 グロティウスの著作を通じて、自然法の重要性が認識されるようになると、新たな政治思想として社会契約説が現れます。 社会契約説とは、自然法を基礎として、「社会も国家も人々一人ひとり... (全て読む)
22_80
Text_level_1
社会契約説を唱えた3人の思想家 ここでは社会契約説を唱えた思想家の中でも、ホッブス、ロック、ルソーの3人に注目をしてそれぞれの思想の特徴についてまとめています。 |-|ホッブス|ロック|ルソー|... (全て読む)
22_80
Text_level_1
王権神授説によって正当化された絶対王政に対して、人々は新しい視点から社会の在り方を考えるようになりました。 それまで、思想や文化においてこの考え方は進んでいましたが、ついに政治や社会の在り方にま... (全て読む)
22_80
Text_level_1
前回の続き 前回は、ホッブスの唱えた社会契約説に、ロックが抵抗権と革命権を付け加えた新しい社会契約説を提唱したと説明しました。 ロックはそのためには議会制民主主義を採用することがベストな手段であ... (全て読む)
22_80
Text_level_1
東洋のルソー 中江兆民 開国後、日本には多くの西洋思想が入ってきました。森有礼、福沢諭吉らを中心に結成された明六社がイギリス流の民主主義を紹介していた一方で、フランスの思想を受けたのが中江兆民や... (全て読む)
18_80
Text_level_2
17〜18世紀のヨーロッパ文化で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 科学 ・17世紀には、自然科学が急速に発達し、科学革命... (全て読む)
22_80
Text_level_1
前回の続き 前回はグロティウスの唱えた自然法を最初に考え、それから派生した社会契約説(特にホッブス)について説明をしました。今回はその2回目で、ここではロックについてみていきましょう。 ホッブス... (全て読む)

1