新規登録 ログイン
検索条件
タグ 春はあけぼの

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『春は曙(あけぼの)』 このテキストでは、枕草子の冒頭「春はあけぼの〜」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 [ad 001] ※作者は清少納言です。清少納言は平安時代中期の作家・歌人で... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに 枕草子といえば、日本の古典の中でも非常に有名なものです。ここでは、清少納言が書いた枕草子の冒頭、「春はあけぼの」から「冬はつとめて」までをみていきます。 ※ 品詞分解はこちら [ad ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
春はあけぼの このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から『春はあけぼの』の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※ 枕草子「春はあけぼの」の現代語訳と解説 ※清少納言は平安時代中期の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あはれなり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活用 |未然形|あはれなら|◯| |連用形|あはれな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
わろし/悪し このテキストでは、ク活用の形容詞「わろし/悪し」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|わろく|わろから| |連用形|わろく|わ... (全て読む)
8_80
Text_level_1
随筆とは エッセーとも呼ばれる随筆は、筆者が見聞き、体験をしたことを通じて感じたことを記した文章のことです。考えをただツラツラと書いたものなので、評論文のようにかっちりとしたものではなく、個人的... (全て読む)
9_80
Text_level_1
春はあけぼの 春は曙 春は曙、やうやう白くなりゆく山際すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 夏は夜 夏は夜、月の頃はさらなり、闇もなほ螢飛びちがひたる、雨などの降るさへをかし。 秋は... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ただ/唯/只 このテキストでは、古文単語「ただ/唯/只」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「ただ」には ・直 ・唯/只 の用法があり、それぞれ意味が異なる。ここでは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
つとめて このテキストでは、古文単語「つとめて」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味1 早朝。 [出典]: 春はあけぼの 枕草子 「冬はつとめて。雪の降りたるは言... (全て読む)
1_80
Text_level_1
ほのかなり/仄かなり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「ほのかなり/仄かなり」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活用 |未然形|ほのかなら|◯|... (全て読む)

1

2

3

4