新規登録 ログイン
検索条件
タグ 与謝蕪村

1

9_80
Text_level_1
俳句の世界で多大なる功績を残した人物が江戸時代に3人存在しました。 松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。 松尾芭蕉 弟子の曽良とともに、東北・北陸・中部地方までの旅を記した紀行文「奥の細道」が一番... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、与謝蕪村が詠んだ、「斧入れて香におどろくや冬木立」という句の現代語訳と解説をしています。 原文 斧入れて香に おどろくや冬木立 現代語訳(口語訳) 冬枯れした木に斧を... (全て読む)
1_80
Text_level_1
俳句の世界で多大なる功績を残した人物が江戸時代に3人存在しました。 松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。 松尾芭蕉 弟子の曽良とともに、東北・北陸・中部地方までの旅を記した紀行文「奥の細道」が一番... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おどろく/驚く カ行四段活用 |未然形|おどろか| |連用形|おどろき| |終止形|おどろく| |連体形|おどろく| |已然形|おどろけ| |命令形|おどろけ| 意味1:自動詞 目が覚める。 [... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あからさまなり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|あからさまなら|◯| |連用形|あからさまなり|あからさまに| |終止形|あからさまなり|◯| |連体形|あからさまなる|◯| |已然形|あからさま... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うれふ/憂ふ/愁ふ 「うれふ」には、 ①ハ行下二段活用 ②ハ行上二段活用 の用法がある。 ※ハ行上二段活用は連用形「うれひ」の形で用いられることがほとんどである。これをハ行下二段活用またはハ行四... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おつ/落つ タ行上二段活用 |未然形|おち| |連用形|おち| |終止形|おつ| |連体形|おつる| |已然形|おつれ| |命令形|おちよ| 意味1:自動詞 落ちる、落下する。 [出典]: ゆく... (全て読む)

1