新規登録 ログイン
検索条件
タグ 極限値

1

14_80
Text_level_1
極限値の計算法則について説明しましょう。 \lim_{x \to a} (f(x) \pm g(x))= \lim_{x \to a} f(x) \pm \lim_{x \to a} g(x) ... (全て読む)
14_80
Text_level_1
次の極限値を求めてみましょう 1: \lim_{x \to 3}x+2 f(x)=x+2とし、x=3を代入します。 f(3)=5 つまり、xが3に限りなく近づく時、f(x)は5に限りなく近づくと... (全て読む)
14_80
Text_level_1
極限値 関数f(x)において、(x=aでなないうえで)xの値がどんどんaに限りなく近づいていくとします。 これにあわせてf(x)の値もとある一定の値、αに近づくことになります。このとき、f(x)... (全て読む)
14_80
Text_level_1
微分係数とは ここでは、これまで学習してきた 平均変化率、そして 極限値を使って、微分係数について考えていきます。 「微分係数!?」またまた難しそうな言葉ですね。教科書では、微分係数は次のように... (全て読む)
14_80
Text_level_1
極限値とは ここでは、微分で用いる極限値について説明していきます。これまで学習してきたこととは、まったく異なる新しい分野ですが、求め方は簡単です。 \lim_{x \rightarrow 1} ... (全て読む)
16_80
Text_level_1
前回のおさらい ここまで2回にわたって、数列の「収束」と「発散」についてみてきました。今回が3回目です。 ここでは、収束にも発散にもあてはまらない数列について考えていきたいと思います。 振動 ま... (全て読む)
16_80
Text_level_1
無限数列 項がどこまでも限りなく続く数列 a _{1} ,a _{2} ,a _{3} \cdots a _{n} のことを、無限数列と言います。数学Ⅲで扱う数列のことは、特にことわりが無い限り... (全て読む)
16_80
Text_level_1
はじめに 数列の極限と同じように関数にもまた、極限という考え方が存在します。 まずは極限の収束についてみていきましょう。 極限への収束 関数f \left(x\right) =x ^{2}  に... (全て読む)
16_80
Text_level_1
前回の続き 前回は、関数の極限値への収束について述べました。 ここでは、その逆の発散について説明していきましょう。 発散 関数f(x)において、xの値がaに限りなく近づくときに、f(x)の値が限... (全て読む)

1