新規登録 ログイン
検索条件
タグ 剰余の定理

1

14_80
Text_level_1
因数定理 整式P(x)を"x−a"で割ったときの商を"Q(x)"、余りをRとすると P(x)=Q(x) (x−a)+R そして 剰余の定理により P(a)=R が成り立ちました。 ここで、"R=... (全て読む)
14_80
Text_level_1
剰余の定理 この単元では、整式"x²+bx+c"を、 ・"P(x)=x²+bx+c" ・"Q(x)=x²+bx+c" といった形にして考えていきます。整式であれば2次式でも3次式でも4次式でもか... (全て読む)
14_80
Text_level_2
剰余の定理の練習問題 ここでは、剰余の定理に関する様々な形の問題の解説をしています。あなたがわからないタイプの問題もきっと扱っているはずです。 問題1 整式"P(x)=2x³+3x²−ax+1"... (全て読む)
14_80
Text_level_1
剰余の定理 多項式の割り算には 剰余の定理というものがあります。それは、 f(x)をx-αで割ったときの余りはf(α)である。 というものです。例を挙げてみてみましょう。 f \left(x\r... (全て読む)
14_80
Text_level_1
剰余の定理 整式P(x)を、"x−a"で割ったときの余りRは、「R=P(a)」で求める事ができましたね。では、P(x)を"ax+b"で割ったときの余りはどのように求めればよいでしょうか? 答えは... (全て読む)

1


知りたいことを検索!