新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

大鏡『弓争ひ(世間の光にておはします〜)』の現代語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
大鏡『弓争ひ』

ここでは、大鏡の「弓争ひ」(世間の光にておはします〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては、「競べ弓」、「南院の競射」「道長と伊周」などと題されているものもあるようです。

原文(本文)

世間の光にておはします殿の、一年ばかり、ものを安から思し召したりしよ。いかに天道御覧じけむ。さりながらも、いささか逼気し、御心やは倒させ給へりし。朝廷ざまの公事・作法ばかりにはあるべきほどにふるまひ、時違ふことなく勤めさせ給ひて、内々には、所も置き聞こえさせ給はざりしぞかし。

※つづき:「帥殿の、南院にて〜」の現代語訳と解説

現代語訳(口語訳)

世間の光でいらっしゃる殿(藤原道長)が、一年ほど、(伊周に出世が遅れて)心中平穏でなくお思いでいらっしゃいましたことです。どのように(そのご様子を)天帝はご覧になっていたのでしょうか。しかしながら(道長はそういう状況下であっても)、少しも卑屈になったり、くじけることがあったでしょうか。(いや、ありませんでした。)朝廷での行事や儀式だけは、身分相応に振るまい、時間を間違えることなくお勤めになられましたが、私生活では、全くご遠慮申し上げることはありませんでした。

※つづき:「帥殿の、南院にて〜」の現代語訳と解説

品詞分解

※品詞分解:大鏡『弓争ひ(世間の光にておはします〜)』の品詞分解

単語・文法解説

天道天帝。自然界を支配する神
さりながらしかしながら
やは反語を表す係助詞。「や」が変形している
聞こゆ補助動詞の聞こゆなので、ここでは「申し上げる」と訳している

Tunagari_title
・大鏡『弓争ひ(世間の光にておはします〜)』の現代語訳

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 』三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 76,038 pt 
 役に立った数 36 pt 
 う〜ん数 10 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。