新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

大鏡『競べ弓・南院の競射・道長と伊周・弓争ひ(帥殿の、南院にて〜)』の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
大鏡『競べ弓・南院の競射・道長と伊周・弓争ひ』

ここでは、大鏡の『競べ弓(帥殿の、南院にて人々集めて弓あそばししに)』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては、「南院の競射」、「道長と伊周」、「弓争ひ」と題されているものもあります。

原文(本文)

帥殿の、南院にて人々集めて弓あそばししに、この殿わたらせ給へれば、



と、中関白殿思し驚きて、いみじう饗応し申させ給ふて、下臈おはしませど、前に立て奉りて、まづさせ奉らせ給ひけるに、帥殿の矢数いま二つ劣り給ひぬ。

中関白殿、また御前に候ふ人々も、

「いま二度延べさせ給へ。」


と申して、延べさせ給ひけるを、安から思しなりて、

さらば延べさせ給へ。」


仰せられて、また射させ給ふとて、仰せらるるやう、

「道長が家より帝・后立ち給ふべきものならば、この矢当たれ。」


と仰せられるるに、同じものを中心には当たるものかは。次に、帥殿射給ふに、いみじう臆し給ひて、御手もわななく故にや、的のあたりにだに近く寄らず、無辺世界を射給へるに、関白殿、色青くなりぬ。また、入道殿射給ふとて、

「摂政・関白すべきものならば、この矢当たれ。」


と仰せらるるに、初めの同じやうに、的の破るばかり、同じところに射させ給ひつ。饗応し、もてはやし聞こえさせ給ひつる興もさめて、こと苦うなりぬ。父大臣、帥殿に、

「何か射る。な射そ、な射そ。」


制し給ひて、ことさめにけり。

入道殿、矢もどして、やがて出でさせたまひぬ。その折は左京大夫(だいぶ)とぞ申しし。弓をいみじう射させたまひしなり。また、いみじう好ませたまひしなり。

今日に見ゆべきことならねど、人の御さまの、言ひ出で給ふことの趣より、かたへは臆せられ給ふなむめり。

現代語訳(口語訳)

帥殿(藤原伊周)が、(藤原道隆=伊周の父親のいる)南院で人々を集めて弓の競射をなさったときに、この殿(藤原道長)がいらっしゃったので、

「予期せず珍しいことだ。」


と中関白殿(藤原道隆)はびっくりなさって、たいそう(道長の)機嫌をとり申し上げなさり、(道長は伊周よりも)官位が低い人ではいらっしゃいますが、(伊周よりも順番を)前にお立て申し上げて、先に射させ申し上げなさったのですが、帥殿の(射抜いた)矢の数が(道長の射抜いた本数に)二本及ばなくていらっしゃいました。中関白殿、そしてこの御前にお仕えする人々も、

「あと二回、(勝負を)延長なさいませ。」


と申し上げたので、(弓競べを)延長なさったのですが、(道長は)心穏やかではない気持ちにおなりになられて、

「それでは延長なさいませ。」


と仰って、(道長が)また矢を射なさるときに、(次のことを)仰いました。

「道長の家から(将来)、天皇や皇后になられる方がお出でになるはずのものならば、この矢よ当たれ。」


と仰ると、同じ当たりとはいっても、的の中心に当たるではありませんか。次に、帥殿が矢を射られましたが、大変気後れなさって、お手も震えていらっしゃったからでしょうか、的の辺りにすら近づかず、見当外れの方向を射なさったので、関白殿は、顔色が青くなられました。再び入道殿(道長)が矢を射なさるといって(次のことを仰います。)

「(私が将来)摂政・関白の地位につくのであれば、この矢よ当たれ。」


と仰ったところ、初めの矢と同じように、的が壊れるほど(の勢いで)、同じところに射なさいました。(関白殿は、道長の)ご機嫌をお取りし、歓待し申し上げなさった興もさめて、気まずくなってしまいました。(伊周の)父である大臣は、帥殿(伊周)に、

「(これ以上)なぜ射るのか。射るな。射るな。」


と(伊周が矢を射ようとするのを)お止めになられて、その場がしらけてしまいました。

入道殿(道長)は、矢をもどして、やがてご退出なさいました。その頃(世間の人々は道長のことを)左京の大夫とお呼び申し上げていました。(道長は)弓をたいへん上手に射られました。そしてとても好んでいらっしゃいました。

(道長が口にしたことがすぐに実現して)今日見られるわけではありませんが、入道殿(道長)のご様子や、仰ったことの趣旨から、側にいる人々は(道長に)気後れなさったようです。

次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・大鏡『競べ弓・南院の競射・道長と伊周・弓争ひ(帥殿の、南院にて〜)』の現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選古典B 』三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 263,065 pt 
 役に立った数 335 pt 
 う〜ん数 45 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。