新規登録 ログイン

1_80 古典:ことば / 古文:単語/ことば

古文単語「よひ/宵」の意味・解説【名詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
よひゐ/宵居

このテキストでは、古文単語「よひ/宵」の意味、解説とその使用例を記している。

名詞

意味

日が暮れて間もない頃、夜に入ってから間もない頃

[出典]百人一首 清原深養父
「夏の夜は まだながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ」

[訳]:夏の夜は、まだ日が暮れて間もない頃だというのにそのまま明けてしまったが、月は雲のどこのあたりに留まっているのだろうか。(あっという間に夜が明けたので、月は西の山に沈む間もなかったろうに。)

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,026 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。