新規登録 ログイン

22_80 その他 / その他

絶対主義と相対主義

著者名: bheducate
Text_level_2
マイリストに追加
 絶対的な真理や価値の存在に対する主な立場として、絶対主義と相対主義の2つがあります。

絶対主義

 絶対主義は、絶対的な真理や価値が存在する、つまり、個人によっても文化によっても時代によっても変わらない真理や価値が存在すると主張する立場です。

相対主義

 相対主義は、絶対的な真理や価値は存在せず、すべての真理や価値は相対的だ、つまり、真理や価値は個人や文化や時代によって変わると主張する立場です。この立場には、相対主義自体が絶対的な真理や価値になり自己矛盾するという問題があります。

相対主義の種類

 さらに、相対主義は、個人相対主義と文化相対主義と歴史相対主義に分けられます。

個人相対主義

 個人相対主義は、真理や価値は個人によって変わると主張する立場です。この立場には、何もかもを正当化することができるという問題があります。また、そもそも真理や価値を決めたり主張したりすること自体が無意味になるという問題もあります。

文化相対主義

 文化相対主義は、真理や価値は文化によって変わると主張する立場です。この立場には、奴隷制度や強制結婚なども文化とすることによって正当化することができるという問題があります。

歴史相対主義

 歴史相対主義は、真理や価値は時代によって変わると主張する立場です。この立場には、今の時代の真理や価値を正当化し続けると次の時代の真理や価値が生まれなくなり、かえって真理や価値は時代によって変わらなくなり自己矛盾するという問題があります。

Related_title

Keyword_title

Reference_title
『倫理用語集 改訂版』(山川出版社)

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,544 pt 
 役に立った数 8 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。