新規登録 ログイン

22_80 その他 / その他

有神論と無神論と

著者名: bheducate
Text_level_1
マイリストに追加
神とは


 「」という言葉は、様々な意味を指しますが、哲学や宗教においては、次のどれかの意味を指すことが多いです。

①この世界の全てを創った何か
②この世界の全てを操っている何か
③自然を超える力を持つ何か

 ここでは、神についての様々な立場を紹介します。

有神論と無神論


 神が存在するか存在しないかについて、次の2つの立場が存在します。

有神論


 神は存在するという立場は有神論と呼ばれます。

無神論


 神は存在しないという立場は無神論と呼ばれます。
 誤解されがちですが、科学は神が存在するということを否定しません。実際に、有神論を主張する科学者も多くいます。

悪神論と理神論と汎神論


 神がどのような存在であるかについて、様々な立場が存在しますが、ここでは次の3つを紹介します。

悪神論


 神は存在するが、神は悪であるという立場です。この世界に悲しみや苦しみが存在しているということや、天災が存在しているということなどを根拠にしています。

理神論


 神は存在するが、神は人格を持っておらず、人間に対して賞罰や啓示を与えないという立場です。

汎神論


 神は存在するというより、この世界自体が神であるという立場です。
Related_title

Keyword_title

Reference_title
『倫理用語集 改訂版』山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,969 pt 
 役に立った数 5 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。