manapedia
更新日時:
フェニキア人の都市ティルス 世界史用語179
著作名: ピアソラ
81 views
ティルスとは

ティルスは、世界で最も古くから続く都市の一つです。レバノンの南部に位置し、現在はベイルートから約80km南にあるこの都市は、フェニキアの主要な都市国家でした。ティルスは、地中海を支配し、カディスやカルタゴなどの繁栄する植民地を設立したことで知られています。また、紫色の顔料の発見の地としても伝説に残っています。

ティルスの歴史は、青銅器時代から始まります。この都市は、紀元前9世紀から紀元前6世紀にかけて、地中海周辺に多くの植民地を設立し、その影響力を拡大しました。ティルスは、特に航海と貿易において、フェニキア文化の中心地として栄えました。その繁栄は、地中海全域にわたる商業ネットワークを築き上げたことによります。

ティルスは、島と隣接する本土の両方に建設されましたが、もともとはシドンの植民地として始まったと考えられています。エジプトの記録によると、紀元前14世紀にはエジプトの支配下にありましたが、エジプトの影響力がフェニキアで衰えたときに独立しました。その後、シドンを超えて貿易の中心地として発展し、地中海世界のすべての部分と商業関係を築きました。



紀元前9世紀には、ティルスからの植民者が北アフリカの都市カルタゴを設立し、後にローマの主要なライバルとなりました。聖書(旧約聖書および新約聖書)には、イスラエルと密接な関係を持っていたとして頻繁に言及されています。ティルスの王ヒラム(在位969-936)は、エルサレムのソロモン王の神殿の建材を提供し、悪名高いイゼベル王妃は、ティルスとシドンの「王」エトバアルの娘でした。

紀元前8世紀と紀元前7世紀の大部分にわたって、ティルスはアッシリアの支配下にありましたが、バビロニア王ネブカドネザル2世による長期にわたる包囲戦を耐え抜きました。その後はアケメネス朝ペルシャの王によって統治されました。この時期にはフェニキアでの覇権を失いましたが、引き続き繁栄しました。

おそらくティルスの歴史の中で最もよく知られているエピソードは、マケドニアの征服者アレクサンダー大王の軍隊に対する抵抗です。彼は7ヶ月の包囲戦の後、332年にそれを占領しました。彼は本土部分の都市を完全に破壊し、その瓦礫を使って、島の部分にアクセスするための巨大な堤防(約800メートル長、180-270メートル幅)を建設しました。町が陥落した後、1万人の住民が死に、3万人が奴隷として売られました。

1984年には、ティルスの多くの古代遺跡を含む全体が、ユネスコの世界遺産リストに追加されました。今日、ティルスはレバノンで4番目に大きな都市であり、ベイルート、トリポリ、シドンに次ぐ規模です。

ティルスは、地中海沿岸から突き出ており、かつては500から700メートル沖合の島にありました。関連する本土の集落は、古代ギリシャ語で「古いティルス」を意味するパラエテュルスと呼ばれました。要塞化された都市は岩の上にあり、その名前はフェニキア語で「岩」を意味する「S‘r」から受け継がれました。

歴史を通じて、ティルス地域のすべての定住地は、特に近くのラシディエとラス・アル・アインの泉からの豊富な新鮮な水の供給から利益を得てきました。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史