manapedia
更新日時:
打製石器とは 旧石器時代に使われた石器とその種類 世界史用語24
著作名: ピアソラ
265 views
打製石器とは、石を打ち欠いて作った石器のことで、人類の最古の技術の一つです。打製石器は旧石器時代に主に使用され、剥片石器と石核石器とに分けられます。

剥片石器とは、石の塊(核)から打撃によって剥がした薄い破片(剥片)で、刃や先端が鋭くなっています。剥片石器は約260万年前から作られ始めたと考えられており、最古のものはアフリカで発見されています。剥片石器は切る、削る、刺すなどの用途に使われました。

石核石器とは、核から大きな剥片を数枚取り除いて作った石器で、一方の面に凹凸があることが特徴です。石核石器は約150万年前から作られ始めたと考えられており、最古のものはアフリカやアジアで発見されています。石核石器は割る、叩く、掘るなどの用途に使われました。

打製石器は人類の歴史や文化に大きな影響を与えました。打製石器を使うことで、人類は食料や資源を効率的に得ることができるようになりました。また、打製石器を作る過程では、手先の技術や空間認識能力が発達しました。さらに、打製石器を交換することで、人類は社会的な関係やコミュニケーションを築くことができるようになりました。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史