manapedia
古文単語「おさふ/抑ふ/押さふ」の意味・解説【ハ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
331 views
おさふ/抑ふ/押さふ

ALT

ハ行下二段活用

未然形おさへ
連用形おさへ
終止形おさふ
連体形おさふる
已然形おさふれ
命令形おさへよ


意味1:他動詞

痛むところなどをおさえる、手を当てて力を加える

[出典]:朝顔 源氏物語
「胸のおきどころなく騒げば、抑へて...」

[訳]:胸がどうしようもなく騒ぐので、(胸を)おさえて...


意味2:他動詞

押しとどめる、押さえつける、防ぐ

[出典]:野分 源氏物語
「御簾の吹き上げらるるを、人々おさへて...」

[訳]:御簾が(風で)吹き上げられるのを、女房たちが押さえつけて...


意味3:他動詞

我慢する、こらえる

[出典]忠度の都落ち 平家物語
「俊成卿、いとど名残惜しうおぼえて、涙をおさへてぞ入り給ふ。」

[訳]:(三位)俊成卿は、ますます名残惜しく思われて、涙をこらえて(屋敷に)お入りになります。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。