新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

平家物語『忠度の都落ち(三位これを開けて見て〜)』の現代語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語『忠度の都落ち』

ここでは、平家物語の中の『忠度の都落ち(三位これを開けて見て〜)』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

三位これを開けて見て、

「かかる忘れ形見を賜はりおき候ひぬる上は、ゆめゆめ疎略を存ずまじう候ふ。御疑ひあるべからず。さてもただ今の御渡りこそ、情けもすぐれて深う、あはれもことに思ひ知られて、感涙おさへがたう候へ。」

とのたまへば、薩摩守喜んで、

「今は西海の波の底に沈まば沈め、山野にかばねをさらさばさらせ。浮き世に思ひおくこと候はず。さらばいとま申して。」

とて、馬にうち乗り甲の緒を締め、西をさいてぞ歩ませ給ふ。三位、後ろをはるかに見送つて、立たれたれば、忠度の声とおぼしくて、「前途ほど遠し、思ひを雁山の夕べの雲に馳す。」

と、高らかに口ずさみ給へば、俊成卿、いとど名残惜しうおぼえて、涙をおさへてぞ入り給ふ。

そののち、世静まつて千載集を撰ぜられけるに、忠度のありしありさま言ひおきし言の葉、今さら思ひ出でてあはれなりければ、かの巻物のうちに、さりぬべき歌いくらもありけれども、勅勘の人なれば、名字をばあらはされず、「故郷の花」といふ題にて詠まれたりける歌一首ぞ、「詠み人知らず」と入れられける。

さざなみや志賀の都はあれにしを昔ながらの山ざくらかな

その身、朝敵となりにし上は、子細に及ばずと言ひながら、うらめしかりしことどもなり

志賀の都は荒れてしまいましたが、昔と変わらない山桜が咲いていることですよ

現代語訳(口語訳)

三位俊成卿はこの巻物を開けて見て、

「このような忘れ形見を賜ったからには、少しも(この巻物を)粗略に扱うことはございません。お疑いにならないでください。それにしてもただ今ご訪問頂いたことは、風流な心もとても深く、しみじみさも格別に感じることができて、感涙を抑えることができないでいます。」

とおっしゃると、薩摩守は喜んで、

「今はもう、西海の波の底に沈んでしまうならば沈んでしまえ、山のに自分の屍をさらすならさらしてしまえ(という気持ちでいます。)この世に思い残すことはございません。それでは別れを申し上げて。」

といって、馬に乗り兜の緒をしめて、西にむかって(馬を)歩ませなさいます。三位俊成卿は、後ろ姿を遠くまで見送って、お立ちになっていると、忠度(のもの)と思われる声が

「前途は遠くです。思いを雁山の夕べの雲に馳せます。」

と高らかに口ずさまれたので、俊成卿は、とても名残惜しく思えて、涙をおさえて(屋敷に)お入りになりました。


そののちに、世の中が静まって、(俊成卿が)和歌の勅撰集(に入れる歌)をお選びになったときに、忠度の有り様、言い残していった言葉を、今になって思い出してみてしみじみとお感じになりました。(忠度から渡された)あの巻物の中に、勅撰集にのせるにふさわしい歌はたくさんあったのですが、(忠度は)天皇の咎めを受けた人なので、名前を表すことができません。

「故郷の花」

という題材で詠まれた歌一首を、

「詠み人知らず(作者不明)」

として(勅撰集の中に)入れられました。

忠度は、朝敵となってしまったからには、(歌が勅撰集に採用されたことに対して)異議を唱えるには及ばないとはいいますが、残念で悲しく思われたことです。

次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・平家物語『忠度の都落ち(三位これを開けて見て〜)』の現代語訳

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
『教科書 精選古典B 』三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 78,441 pt 
 役に立った数 118 pt 
 う〜ん数 12 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。