manapedia
更新日時:
古文単語「ひろごる/広ごる」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,115 views
ひろごる/広ごる

ALT

ラ行四段活用

未然形ひろごら
連用形ひろごり
終止形ひろごる
連体形ひろごる
已然形ひろごれ
命令形ひろごれ


意味1:自動詞

広がる、広くなる

[出典]木の花は 枕草子
「桐の木の花、紫に咲きたるはなほをかしきに、葉の広ごりざまぞ、うたてこちたけれど...」

[訳]:桐の木の花が、紫色に咲いているのはやはり風情があるが、葉の広がる様子が、異様におおげさなのだが...


意味2:自動詞

広まる、評判になる、繁栄する

[出典]:桐壺 源氏物語
「おのづから事広ごりて、漏らさせたまはねど...」

[訳]:自然とこの事(光源氏が受けた高麗人の観相)が(世間に)広がって、(帝はそのことを)お漏らしにならないのだが......


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。