manapedia
古文単語「まして/況して」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
1,744 views
まして/況して

ALT

副詞

意味1

いっそう、なおさら、もっと

[出典]万葉集
「瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ」

[訳]:瓜を食べれば(残してきた)子どものことが自然に思われる。粟を食べれば、いっそうしのばれる。


意味2

言うまでもなく、いわんや

[出典]:高倉院の法華堂の 徒然草
「身の上の非を知らねば、まして、外の譏りを知らず。」

[訳]:(自分の)身の上の欠点を知らないので、言うまでもなく(自分に対する)他人の非難を知らない。


備考

「まして」がイ音便化したものが「まいて」である。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。