manapedia
更新日時:
古文単語「ききう/聞き得」の意味・解説【ア行下二段活用】
著作名: 走るメロス
1,275 views
ききう/聞き得

ALT

ア行下二段活用

未然形ききえ
連用形ききえ
終止形ききう
連体形ききうる
已然形ききうれ
命令形ききえよ


意味:他動詞

聞きかじる、聞いて納得する、聞き分ける

[出典]にくきもの 枕草子
「ものうらやみし、身の上嘆き、人の上言ひ、露塵のこともゆかしがり、聞かまほしうして、言ひ知らせぬをば怨じそしり、また僅かに聞き得たることをば、わがもとより知りたることのやうに、異人にも語りしらぶるも、いとにくし。」

[訳]:何かにつけて人のことをうらやましがり、(自分の)身上を嘆き、他人について噂をし、ほんのわずかなことでも知りたがり、聞きたいと思って、話して知らせないことに恨みを言い非難し、また少し聞きかじったことを、自分がはじめから知っていることのように、他の人にも得意げに話すのも、たいそうしゃくに障る。


備考

ア行◯◯活用となるのは、「う/得」と、それを含む「心得」、「待ち得」、「聞き得」などの複合の動詞だけである。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。