manapedia
更新日時:
古文単語「つくりみがく/造り磨く」の意味・解説【カ行四段活用】
著作名: 走るメロス
384 views
つくりみがく/造り磨く

ALT

カ行四段活用

未然形つくりみがか
連用形つくりみがき
終止形つくりみがく
連体形つくりみがく
已然形つくりみがけ
命令形つくりみがけ


意味:他動詞

美しく造る、立派に作る、美しく飾って作る

[出典]うきたる世 紫式部日記
「行幸近くなりぬとて、殿の内をいよいよつくりみがかせ給ふ。」

[訳]:(一条天皇の)外出が近くなったというので、(藤原道長は)邸宅の中をいっそう美しく飾り作らせなさいます。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。