manapedia
更新日時:
古文単語「つっと」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
2,182 views
つっと

このテキストでは、古文単語「つっと」の意味、解説とその使用例を記している。

副詞

意味

さっと、急に

[出典]木曾最期 平家物語
「木曾三百余騎、六千余騎が中をたてさま、よこさま、蜘蛛手、十文字にかけわって、うしろへつっと出でたれば、五十騎ばかりになりにけり。」

[訳]:木曽義仲勢300余騎は、(敵勢)6000余騎の中を縦に、横に、四方八方に、十文字に駆け入って、(彼らの)後ろへさっと出たところ、(味方の軍勢は)50騎ほどになっていた。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。