manapedia
更新日時:
古文単語「かく/駆く/駈く」の意味・解説【カ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
2,184 views
かく/駆く/駈く

ALT

動詞「かく」には
欠く
②駆く/駈く
③舁く
④掛く/懸く
⑤掻く
などの用法があるが、ここでは「②駆く/駈く」を扱う。
カ行下二段活用

未然形かけ
連用形かけ
終止形かく
連体形かくる
已然形かくれ
命令形かけよ


意味1:自動詞

馬に乗って走る

[出典]木曾最期 平家物語
「木曽殿は只一騎、粟津の松原へ駆け給ふが...」

[訳]:木曽殿はただ1騎で、粟津の松原へ馬に乗って走りなさるが...


意味2:自動詞

馬に乗って攻める

[出典]木曾最期 平家物語
「『昔は聞きけん物を、木曾の冠者、今は見るらむ。左馬頭兼伊予守朝日の将軍源義仲ぞや。甲斐の一条次郎とこそ聞け。たがひによきかたきぞ。義仲うって、兵衛佐にみせよや。』とて、をめいて駆く

[訳]:「昔耳にしたことがあるであろう、木曾の冠者(自分のこと)を、今は目にしていることであろうよ。(私が)左馬頭兼伊予守朝日の将軍源義仲である。(お前は)甲斐の一条次郎と聞く。お互いに(打ち合うには)いい敵だ。義仲を討ち取って、兵衛佐に見せるがよい。」と大声で叫んで馬に乗って攻めて行く


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。