新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
源氏物語『葵・物の怪の出現』 このテキストでは、源氏物語の『葵』の章から、「あまりいたう泣き給へば〜」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。書籍によっては『葵の上』、『物の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『葵』 このテキストでは、源氏物語の『葵』の章から、「まださるべきほどにもあらず」から始まる部分の原文、現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。書籍によっては『葵の上』、『物の怪の出... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『葵』 ここでは、源氏物語の『葵』の章から、「大殿には御物の怪いたう起こりて」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説をしています。書籍によっては『葵の上』、『物の怪の出現』、『御息... (全て読む)
9_80
Text_level_1
やむごとなし/やごとなし/やんごとなし このテキストでは、ク活用の形容詞「やむごとなし」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|やむごとなく|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『葵』 ここでは、源氏物語の『葵』の章から、「大殿には御物の怪いたう起こりて」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては『葵の上』、『物の怪の出現』、『御息所のもの思い』とする... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『葵』 ここでは、源氏物語の『葵』の章から、「まださるべきほどにもあらず」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては『葵の上』、『物の怪の出現』、『葵上と物の怪』とするものもあ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『葵』 ここでは、源氏物語の『葵』の章から、「あまりいたう泣き給へば」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては『葵の上』、『物の怪の出現』、『葵上と物の怪』とするものもあるよ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こころばへ/心延へ このテキストでは、古文単語「こころばへ/心延へ」の意味、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 名詞 意味1 心の様子、気立て。 [出典]: かぐや姫の嘆き 竹取... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まばゆし/目映し/眩し このテキストでは、ク活用の形容詞「まばゆし/目映し/眩し」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|まばゆく|まばゆから... (全て読む)
9_80
Text_level_1
としごろ/年頃/年来/年比 このテキストでは、古文単語「としごろ/年頃/年来/年比」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「としごろ」には、 ①名詞 ②副詞 としての用法があ... (全て読む)

1

2

3

4