新規登録 ログイン

18_80 アジア・アメリカの古代文明 / インドの古代文明

モヘンジョ=ダーロとは わかりやすい世界史用語246

著者名: ピアソラ
Text_level_2
マイリストに追加
モヘンジョ=ダーロ

モヘンジョ=ダーロ(モエンジョ=ダーロ)は、インダス文明の最大の都市の一つであり、世界で最も早期の主要都市の一つです。現在のパキスタン、シンド州のラルカナ地区に位置し、インダス川の西岸のプレイストセンの尾根にあります。この都市は、古代エジプト、メソポタミア、ミノア文明、ノルテチコと同時代の文明であり、少なくとも40,000人の人口を擁していました。しかし、その後放棄され、1920年代まで再発見されることはありませんでした。

モヘンジョ=ダーロの名前の由来は不明ですが、「死者の丘」という意味であると考えられています。都市の計画は非常に洗練されており、整然とした街路網と複雑な排水システムが特徴です。大浴場と呼ばれる防水プールは、土の盛り上がりの上に位置し、焼きレンガの壁で固定されていました。これはモヘンジョ=ダーロにおける寺院に最も近い構造物であり、清潔さに基づくイデオロギーを示唆しています。都市全体に井戸が分布し、ほぼすべての家には浴室と排水システムがありました。

考古学者は1900年代初頭に初めてモヘンジョ=ダーロを訪れ、1922年に遺跡が発見され、いくつかの発掘が行われました。その後も小規模な調査が1930年代に行われ、1950年と1964年にはさらなる発掘が行われました。この古代都市は、インダス文明の中でも最も重要な都市の一つであり、その全盛期には約250エーカー(約100ヘクタール)に広がっていました。

モヘンジョ=ダーロは1980年にユネスコの世界遺産に登録され、南アジアで初めて登録された遺跡となりました。しかし、現在では侵食や不適切な修復によって脅かされています。この遺跡は、インダス文明の謎に満ちた歴史を今に伝える貴重な資源であり、その保存と研究は今後も重要な課題となっています
Tunagari_title
・モヘンジョ=ダーロとは わかりやすい世界史用語246

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『世界史B 用語集』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 0 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。