新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

十訓抄『大江山・小式部内侍が大江山の歌の事』テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

解答

Q1:「和泉式部」、「歌合」、「内侍」、「御簾」、「直衣」を現代仮名遣いで記しなさい。

A:和泉式部「いずみしきぶ」
歌合「うたあわせ」
内侍「ないし」
御簾「みす」
直衣「なおし(のうし)」


Q2:「定頼中納言たはぶれて」とあるが、定頼中納言はどのようなたはぶれをしたのか。

A:小式部内侍に、「歌合で披露する歌を詠んでもらうために、丹後にいるお母さんの元に送った使いは帰ってきたのか」と言ってふざけた

Q3:「小式部内侍、ありけるに」、の品詞とその活用の種類を答えなさい。

A:動詞・ラ行変格活用



Q4:「心もとなし」を現代語訳しなさい。

A:待ち遠しい

Q5:小式部内侍が詠んだ歌には2つの掛詞が使われている。抜き出して、それぞれについて解説しなさい。

A:「いくの」は「行く野」と「生野」をかけた言葉。
「ふみ」は「踏み」と「文」をかけた言葉。


Q6:「思はずにあさましくて」の「あさまし」を現代語訳しなさい。

A:驚いて

Q7:「かかるやうやはある」を現代語訳しなさい。

A:このようなことがあろうか、いやあるものか。

現代語訳と解説

十訓抄『大江山』わかりやすい現代語訳と解説
1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典 古文編』 三省堂
『教科書 探求国語総合』 桐原書店
『教科書 高等学校 古典B』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 139,940 pt 
 役に立った数 651 pt 
 う〜ん数 44 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。