新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『死諸葛走生仲達(死せる諸葛、生ける仲達を走らす)』 書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳(口語訳)

亮はたびたび、司馬懿に戦いを挑んだ。
(しかし籠城した砦から)懿は出てこなかった。
そこで亮は(懿の臆病者!と挑発をするため)、女性ものの髪飾りと服を送った。

亮の使者が、懿の陣地にやってきた。
懿は、(使者に孔明の)寝食や仕事が忙しいか暇かなどを尋ね、軍事については(質問が)及ばなかった。

使者が言うことには、
「諸葛公は、 朝は早くに起き、夜は遅に寝られ、杖で20回叩く以上の罰についてはすべて自分でご覧になられます。お食事の量は、(一日で)数升に満たない(ほど少ない)です。」と。


(使者が去ったあとに)懿が、周りの人に告げて言うことには、
「食が細く、仕事が忙しい、どうして長く生きられようか、いや生きられないだろう。」と。



(しばらくして)亮は、重病になった。
(ある夜)大きな星が現れ、赤い尾を引きながら、亮の陣中に落ちていった。
そしてまだそれほど経たないうちに亮は死んだ。

(諸葛亮の死をうけて蜀の)長史であった楊儀は、軍を整えて帰還した。
地元の人たちは、大急ぎで(そのことを)懿に伝えた。
(これを聞いた)懿は、これ(蜀の軍)を追った。

(諸葛亮に後継者として可愛がられていた)姜維は、楊儀に旗を反し進軍の太鼓を鳴らし、いまにも懿に向かおうとするようにさせた。
(これを見た)懿は、(諸葛亮がまだ生きていて魏軍を罠にかけようとしていると感じ)無理に迫ろうとはしなかった。


地元の人たちがこの出来事をことわざにして言うことには、
「死んだ諸葛が、生きている仲達(司馬懿)を逃げさせた。」と。


(これを聞いた)懿は笑って言うことには、
「私は生きている人間の行動を推し量ることはできるが、死者の行動を推し量ることはできない」と。


要約

蜀軍が撤退を始めたことで諸葛亮孔明が死んだと察した魏の司馬懿仲達は、ここぞとばかりに蜀軍を追撃した。しかし蜀軍は何事もなかったかのように反撃をしてきたので、司馬懿は、孔明は死んでおらずこれは罠に違いないと思い退却した。

実際に孔明は死んでいたのだが、これまで孔明に何度も痛い目をみさせられてきた司馬懿にとって、それほど孔明の影響力は大きなものであり、この出来事から「死せる孔明、生ける仲達を走らす」ということわざが生まれた。

次ページ:文法・単語解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
2/3
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 国語総合』 教育出版
『教科書 国語総合』 筑摩書房
『教科書 明解 国語総合」 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 129,079 pt 
 役に立った数 154 pt 
 う〜ん数 22 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。