新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

土佐日記『阿倍仲麻呂・阿部仲麻呂の歌』(十九日。日あしければ船いださず〜)わかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

品詞分解

品詞分解はこちら
『阿倍仲磨呂(阿部仲麻呂の歌)』の品詞分解

単語・解説

心もとなけれ形容詞「こころもとなし」の已然形。不安で落ち着かない
そこなふ傷つける。おこでは痛めると訳す。
わびしやりきれない
阿倍仲麻呂奈良時代の人。唐に留学するも日本に帰国することができなかった
かの国人阿倍仲麻呂が留学していた「唐」を指す
馬のはなむけ馬に乗って陸路で旅をする人の無事を祈願するイベント・送別会
上中下の人身分が上・中・下の人
男文字漢字のこと。この時代、男性は漢字を、女性は仮名文字を使っていた
ここのことば日本の言葉
やあらむ「や~む」で係り結びの法則。ここでは推量を表す。


備考

土佐日記は紀貫之が書いたのですが、貫之は身分を女性にいつわって、その女性からみた紀貫之の様子を日記の形で書いています。あくまでも主人公(自分のこと)を第3者の視点でみているということをおさえておきましょう。
1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍
『教科書 高等学校国語 国語総合 古典編』 東京書籍
青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/000155/files/832_16016.html
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 87,814 pt 
 役に立った数 91 pt 
 う〜ん数 20 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!