新規登録 ログイン
検索条件
タグ 馬のはなむけの意味

1

9_80
Text_level_1
土佐日記『馬のはなむけ・門出』 このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記の冒頭「馬のはなむけ・門出(男もすなる日記といふものを〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 [ad 0... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『門出』 ここでは、土佐日記の中の『門出』の「男もすなる日記といふものを」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 [ad 001] 原文(本文) 男も(※1)すなる日... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『門出』 ここでは、土佐日記の中の『門出』の「二十三日。八木のやすのりといふ人あり」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 ※前回のテキスト: 『男もすなる日記といふ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『阿倍仲麻呂・阿部仲麻呂の歌』 このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「阿倍仲麻呂」(十九日。日あしければ船いださず〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「阿倍仲麻呂... (全て読む)

1