新規登録 ログイン

10_80 文法 / 文法

漢文の否定表現~不・無・非~書き下し文と読み方

著者名: 春樹
Text_level_1
マイリストに追加
文の否定表現~不・無・非・未~書き下し文と読み方

ここでは、漢文の文法の中でも「否定」の意味をもつ文法を説明していきます。
英語で言う「not」や「never」の部分ですね。漢文では、否定の意味を示す語として、不や非、無、未などがあります。これらの語は、動詞や名詞、形容詞などに付けることで、その否定を表現します。

不・無・非・未

ALT


不:~せず

代表的な文章です。「~せず」と読みます。英語でいう「not」にあたります。
送り仮名が「レバ」のときは「~ざれば」と読みます。古文でいう助動詞「ず」の活用と同じです。
不と同じ働きをするものに「」(フツ)があります。

不知 (ふち):知らず、知らない
不可 (ふか):することができない、してはいけない

無:~なし

2つ目は「~なし」と読みます。
現代語と同じように「~がない、~はない」と訳します。
無と同じ働きをするものに「莫・毋・勿」があります。

無用 (むよう):役に立たない、無駄な
無為 (むい):何もしない、行動しない

非:~にあらず

3つ目は「非」です。まさに否定してそうな漢字ですね。
~にあらず」と読み、「~ではない」と訳します。
現代語でも「それは本物にあらず!」なんて表現、目にすることもありそうですよね。

非常 (ひじょう):普通ではなく、特別な
非人 (ひにん):人ではなく、非人間

未:

最後は、「未」です。
まだ~せず ~ない」と読み、「~決まっていない、未確定の」と訳します。

未来 (みらい):来ていない、未だに起こっていない
未定 (みてい):決まっていない、未確定の

二重否定

また、否定の語を二つ重ねると二重否定という表現になります。二重否定は、「~しないことはない」「~でないことはない」などと訳されます。

例えば、

無不は「~せざることはない」「~しないことはない」と読まれます。
無不快 (むふかい):快しくないことはなく、不快ではない
無不可 (むふか):することができないことはない、不可能ではない

莫非は「~にあらざることはない」「~でないことはない」と読まれます。
莫非人 (ばくひじん):人ではないものはなく、必ず人である
莫非王土 (ばくひおうど):王の領土でないものはなく、必ず王の領土である

以上が漢文の否定表現についての解説でした。それぞれの否定表現に加え、二重否定になると文章の意味が変わるのは面白いですね。
Related_title

Keyword_title

Reference_title
『三羽の漢文 基本ポイントこれだけ!』東進ハイスクール

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 130,716 pt 
 役に立った数 109 pt 
 う〜ん数 60 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。