manapedia
更新日時:
ディアスポラとは わかりやすい世界史用語203
著作名: ピアソラ
280 views
ディアスポラとは

ディアスポラとは、元々はギリシャ語で「散らばる」という意味の言葉です。ユダヤ人のディアスポラは、彼らが古代の祖先の地であるイスラエルの地から離れ、世界各地に定住したことを指します。このディアスポラは、古代イスラエル王国がアッシリアによって紀元前8世紀に征服された時に始まりました。この時、多くのイスラエル人が中東全域に散らばりました。
一方、ユダヤ人は追放された際、バビロンで統一された集団として存在を維持することが許されました。また、別のグループはエジプトに逃れ、ナイルデルタに定住しました。したがって、597年はユダヤ人ディアスポラの始まりと見なされています。

その後、アケメネス朝ペルシアのキュロス2世がユダヤ人に帰国を許可しました。これらのユダヤ人は、宗教、アイデンティティ、社会的慣習を保持し続けました。ペルシャ人とギリシャ人の下で、彼らは自分たちの法律に従って生活を送ることが許されました。
ユダヤ人のディアスポラは、彼らの歴史の中で重要な役割を果たしてきました。彼らは、異なる文化や社会の中で生きながらも、独自のアイデンティティと伝統を保ち続けてきました。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史