manapedia
更新日時:
「前栽」は「ぜんさい?」正しい読み方と意味を解説
著作名: 春樹
1,533 views
「前栽」は「ぜんさい」じゃない

言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「前栽」です。「前栽」を「ぜんさい」と読んでいる人は要注意です。このテキストでは「前栽」の正しい読み方と意味について解説していきます。



「前栽」の読み方

「前栽」は「せんざい」と読みます。

※古文では「せざい」と読む場合もあります。

「前」

「前」は、音読みで「ゼン」、訓読みで「まえ、さき」などと読みます。しかし音読みで「セン」という本来正しくはない読み方も定着しています。このように本来正しくはない読み方ですが、一般に広く用いられたことで定着した読み方のことを慣用読みと言います。


「栽」は中学校で学習する漢字です。音読みで「サイ」、訓読みで「う(える)」と読みます。「栽」には本来「ザイ」という読み方はありませんが、枕草子や伊勢物語、源氏物語といった古典文学にこの読み方が見られます。

「前栽」の意味

「前栽」の意味は
①木や草を植え込んだ庭。
② 庭に植えた草木。庭の植え込み。

出典:『大辞林 第3版』三省堂

「前栽」の使い方

「前栽の花が咲き乱れている」

まとめ

「前栽」は「せんざい」と読みます。

是非この機会に覚えてくださいね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語