manapedia
更新日時:
百人一首『わが庵は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり』現代語訳と解説(係り結びなど)
著作名: 走るメロス
204 views
百人一首(8)


わが庵は 都のたつみ しかぞ住む 世をうぢ山と 人はいふなり


このテキストでは、百人一首に収録されている歌「わが庵は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり」の現代語訳・口語訳と解説(句切れ・係り結びなど)、そして品詞分解を記しています。この歌は、百人一首の他に、古今和歌集にも収録されています。



※百人一首は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活動した公家・藤原定家が選んだ和歌集です。100人の歌人の和歌を、1人につき1首ずつ選んで作られています。

原文

わが庵は 都の(※1)たつみ (※2)しか(※3)ぞ住む 世を(※4)うぢ山と 人はいふなり

ひらがなでの読み方

わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ よをうぢやまと ひとはいふなり



現代語訳

私の粗末な小屋は都の東南にあって、このように(心安らかに)住んでいる。(それなのに)世の中を憂えて住む宇治山だと世間の人々は言っているそうだ。

解説・鑑賞のしかた

この歌は、平安時代の歌人、喜撰法師(きせんほうし)によって詠まれたものです。現代に伝わる歌は2つのみと謎の多い人物ですが、六歌仙の一人として知られています。

都から離れて宇治山に住むと聞くと、(「宇治」と「憂し」をかけて)世の中を憂えて隠れ住んでいるんだと思われがちだけど、実際にはそうではなくこのように気楽に暮らしているんですよというメッセージ性のある歌です。

主な技法・単語・文法解説


単語

(※1)都のたつみ都は「平安京」、たつみ(巽)は「東南」の方角を指している。
(※2)しか「しか」の指す内容については様々な解釈があるが、ここでは「このように=心安らかに、のんびりと」の意で訳す。
(※4)うぢ地名の「宇治」と憂鬱であるを意味する「憂し」をかけている。


(※3)係り結び

(※3)ぞ住む「ぞ」(強意の係助詞)⇒「住む」(マ行四段活用「すむ」の連体形)が係り結び。


句切れ

三句切れ。

品詞分解

※名詞は省略しています。



代名詞
格助詞
係助詞
格助詞
たつみ
しか副詞
係助詞
住むマ行四段活用「すむ」の連体形
格助詞
うぢ山
格助詞
係助詞
いふハ行四段活用「いふ」の終止形
なり伝聞の助動詞「なり」の終止形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。