manapedia
『思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを』の現代語訳と解説
>
235,661views
高校古文『唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ』わかりやすい現代語訳と品詞分解
>
76,631views
『世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし』 意味と文法・品詞分解
>
308,692views
『人はいさ心も知らず ふるさとは花ぞ昔の香ににほひける』現代語訳と解説・品詞分解
>
108,610views
『秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる』現代語訳と解説
>
182,137views
紀貫之『袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ』 現代語訳と品詞分解
>
103,910views
古今和歌集 『秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる』 現代語訳と解説
>
155,825views
伊勢物語/古今和歌集『五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする』現代語訳と解説・品詞分解
>
112,468views
高校古文『名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと』わかりやすい現代語訳と品詞分解
>
36,753views
高校古文『風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとり越ゆらむ』わかりやすい現代語訳と品詞分解
>
40,692views