manapedia
更新日時:
「況して」あなたは読める?正しい読み方と意味を解説
著作名: 春樹
0 views
「況して」の正しい読み方

言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「況して」です。このテキストでは「況して」の正しい読み方と意味について解説していきます。



「況して」の読み方

「況して」は「して」と読みます。


「況」

「況」は中学校レベルの漢字です。音読みで「キョウ」、訓読みで「ありさま・いわ(んや)・ま(して)」などと読みます。

「況して」の意味

1 前の場合でさえそうなのだから、この場合はもちろんそうだという気持ちを表す語。なおさら。いわんや。
2 いっそう。さらに。もっと。

引用:小学館『デジタル大辞泉』


「況して」の使い方

「大人でも大変なのだから、況して子供には無理だ。」

まとめ

「況して」は「ま(して)」と読みます。

是非この機会に覚えてくださいね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語