manapedia
古文単語「たてつづく/建て続く/立て続く」の意味・解説【カ行四段活用/カ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
68 views
たてつづく/建て続く/立て続く

ALT

「たてつづく」には
①カ行四段活用
②カ行下二段活用
の用法がある。

①カ行四段活用

未然形たてつづか
連用形たてつづき
終止形たてつづく
連体形たてつづく
已然形たてつづけ
命令形たてつづけ


意味:自動詞

建ち並ぶ

②カ行下二段活用

未然形たてつづけ
連用形たてつづけ
終止形たてつづく
連体形たてつづくる
已然形たてつづくれ
命令形たてつづけよ


意味:他動詞

立て並べる

[出典]車争ひ 源氏物語
「...など言ふを、その御方の人も交じれれば、いとほしと見ながら、用意せむもわづらはしければ、知らず顔をつくる。つひに御車ども立て続けつれば、副車の奥に押しやられて、物も見えず。」

[訳]:...などと言いますが、(葵の上の従者の中には)そのお方の人(光源氏に仕える人)もまざっているので、(御息所を)気の毒だと思いながら、気を配ろうとするのも面倒なので、知らない顔をします。とうとう(葵の上のお車が御息所のお車を押しのけてお二方の)お車(の列)が立て並んでしまったので、(御息所のお車は葵の上の)お供の者が乗る車の億に押しやられて、何も見えない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。