manapedia
源氏物語「車争ひ」(日たけゆきて、儀式もわざとならぬ〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
332 views
源氏物語「車争ひ」

このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(日たけゆきて、儀式もわざとならぬさまにて出でたまへり〜)の品詞分解をしています。

品詞分解

※名詞は省略しています。

たけゆきカ行四段活用「たけゆく」の連用形
て、接続助詞
儀式
係助詞
わざと副詞
なら断定の助動詞「なり」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
さま
にて格助詞
出でダ行下二段活用「いづ」の連用形
たまへハ行四段活用「たまふ」の命令形
り。完了の助動詞「り」の終止形
係助詞
なうク活用の形容詞「なし」の連用形のウ音便
立ちわたりラ行四段活用「たちわたる」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
に、接続助詞
よそほしうシク活用の形容詞「よそほし」の連用形のウ音便
引き続きカ行四段活用「ひきつづく」の連用形
接続助詞
立ちわづらふ。ハ行四段活用「たちわづらふ」の終止形
よきク活用の形容詞「よし」の連体形
女房車
多くク活用の形容詞「おほし」の連用形
て、接続助詞
雑々
格助詞
なきク活用の形容詞「なし」の連体形
格助詞
思ひ定めマ行下二段活用「おもひさだむ」の連用形
て、接続助詞
さし退けカ行下二段活用「さしのく」の未然形
さする使役の助動詞「さす」の連体形
に、格助詞
網代
格助詞
すこし副詞
なれラ行下二段活用「なる」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
が、格助詞
下簾
格助詞
さま
など副助詞
よしばめマ行四段活用「よしばむ」の命令形
存続の助動詞「り」の連体形
に、接続助詞
いたう副詞
引き入りラ行四段活用「ひきいる」の連用形
て、接続助詞
ほのかなるナリ活用の形容動詞「ほのかなり」の連体形
袖口、
裳の裾、
汗衫
など、副助詞
格助詞
色、
いと副詞
清らにナリ活用の形容動詞「きよらなり」の連用形
て、接続助詞
ことさらにナリ活用の形容動詞「ことさらなり」の連用形
やつれラ行下二段活用「やつる」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
けはひ
しるくク活用の形容詞「しるし」の連用形
見ゆるヤ行下二段活用「みゆ」の連体形
車、
二つ
あり。ラ行変格活用「あり」の終止形



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。