manapedia
更新日時:
『九月二十日のころ』の品詞分解 徒然草
著作名: 走るメロス
146,417 views
徒然草「九月二十日のころ」

このテキストでは、徒然草の一節「九月二十日のころ」(九月二十日のころ、ある人に誘はれたてまつりて~)の品詞分解を記しています。



※現代語訳:徒然草「九月二十日のころ」の現代語訳と解説

※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。

品詞分解

※名詞は省略しています。



九月二十日のころ、ある人に誘はれたてまつりて、明くるまで月見ありく事侍りしに、思し出づる所ありて、案内せさせて、入り給ひぬ。

九月二十日
格助詞
ころ、
ある連体詞
格助詞
誘はハ行四段活用「さそふ」の未然形
受身の助動詞「る」の連用形
たてまつり謙譲の補助動詞・ラ行四段活用「たてまつる」の連用形
て、接続助詞
明くるカ行下二段活用「あく」の連体形
まで副助詞
見ありくカ行四段活用「みありく」の連体形
侍りラ行変格活用「はべる」の連用形・丁寧語
過去の助動詞「き」の連体形
に、接続助詞
思し出づるダ行下二段活用「おぼしいづ」の連体形・尊敬語
ありラ行変格活用「あり」の連用形
て、接続助詞
案内せサ行変格活用「あないす」の未然形または名詞「案内」+サ行変格活用「す」の未然形
させ使役の助動詞「さす」の連用形
て、接続助詞
入りラ行四段活用「いる」の連用形
給ひ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用「たまふ」の連用形
ぬ。完了の助動詞「ぬ」の終止形



荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬ匂ひ、しめやかにうち薫りて、忍びたるけはひ、いとものあはれなり。

荒れラ行下二段活用「ある」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
格助詞
しげき形容詞・ク活用「しげし」の連体形
に、格助詞
わざと副詞
なら断定の助動詞「なり」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
匂ひ、
しめやかに形容動詞・ナリ活用「しめやかなり」の連用形
うち薫りラ行四段活用「うちかをる」の連用形
て、接続助詞
忍びバ行上二段活用/バ行四段活用「しのぶ」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
けはひ、
いと副詞
ものあはれなり。形容動詞・ナリ活用「ものあはれなり」の終止形


ちょっと復習「ものあはれなり」の意味は?


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。