manapedia
更新日時:
宇治拾遺物語『尼、地蔵を見奉ること』(尼は、地蔵見参らせんとていたれば〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
2,412 views
はじめに

ここでは、宇治拾遺物語に収録されている『尼、地蔵を見奉ること』の「尼は、地蔵見参らせんとていたれば、親どもは、心得ず」から始まる部分のの品詞分解を記しています。

※前回のテキスト:『尼、地蔵を見奉ること』(今は昔、丹後国に老尼ありけり〜)の品詞分解

※現代語訳:宇治拾遺物語『尼、地蔵を見奉ること』わかりやすい現代語訳と解説

品詞分解

※名詞は省略してあります。

は、係助詞
地蔵
マ行上一段活用・連用形
参らせ謙譲の補助動詞・サ行下二段活用・未然形
意志の助動詞・終止形
とて格助詞
ワ行上一段活用・連用形
たれ存続の助動詞・已然形
ば、接続助詞
ども接尾語
は、係助詞
心得ア行下二段活用・未然形
ず、打消の助動詞・連用形
など副詞
代名詞
格助詞
格助詞
マ行上一段活用・未然形
意志の助動詞・終止形
格助詞
思ふハ行四段活用・終止形
らむ現在の原因推量の助動詞・連体形
格助詞
思ふハ行四段活用・連体形
に、格助詞
ばかり副助詞
なる断定の助動詞・連体形
格助詞
カ行変格活用・連用形
たる完了の助動詞・連体形
を、格助詞
「くは、感動詞
地蔵。」
格助詞
言へハ行四段活用・已然形
ば、接続助詞
尼、
見るマ行上一段活用・連体形
ままに連語:名詞「まま」+格助詞「に」
是非
係助詞
知らラ行四段活用・未然形
ず、打消の助動詞・連用形
臥しまろびバ行四段活用・連用形
て、接続助詞
おがみ入りラ行四段活用・連用形
て、接続助詞
格助詞
うつぶしサ行四段活用・連用形
たり。完了の助動詞・終止形



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。