manapedia
更新日時:
古文単語「あかなくに/飽かなくに」の意味・解説【連語】
著作名: 走るメロス
1,821 views
あかなくに/飽かなくに

ALT

連語

カ行四段活用「あく」の未然形「あか」、打消の助動詞「ず」の古い未然形「な」、接尾語「く」と助詞「に」が一語になったもの。

意味1

(「なくに」が逆説の意味を表し)
満足していないのに、名残惜しいのに

[出典]渚の院 伊勢物語
飽かなくにまだきも月の隠るるか山の端逃げて入れずもあらなむ」

[訳]まだ満足していないのに、もっと眺めていたいのに、もう月が隠れてしまうのでしょうか。山の端よ、逃げて月を入れないでおくれ。


意味2

(「なくに」が順接/詠嘆の意味を表し)
満足していないから、飽き足りないことだなあ

[出典]:万葉集
「我が舟の楫はな引きそ大和より恋ひ来し心いまだ飽かなくに

[訳]:私の船の楫をどうか引いてくれるな。大和から心惹かれてやってきた心がまだ満足していないのだから


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。