manapedia
更新日時:
古文単語「ざえ/才」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
1,384 views
ざえ/才

ALT

名詞

意味1

学問、漢文や漢詩についての学識、教養

[出典]道真の左遷
「右大臣はよに優れめでたくおはしまし、御心おきても、ことのほかにかしこくおはします。」

[訳]:右大臣(菅原道真)は学識にとても富み立派でいらっしゃいますし、ご性格も、格別にすばらしくていらっしゃいます。


意味2

芸術などの才能、技芸、技能

[出典]:若紫 源氏物語
「親王たち大臣よりはじめて、とりどりのども習ひたまふ、いとまなし。」

[訳]:親王たちや大臣をはじめとして、それぞれ(異なった)技芸を稽古なさり、暇がない。


意味3

才の男の略

※「才の男」とは、神楽などで歌を歌ったり、余興に滑稽な芸をする人を指すことば。

備考

平安時代、身につける教養の中でも重要であったのが漢学についての教養であり、「才」は、儒学や漢詩、漢文についての学識のことを主に意味した。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。