manapedia
更新日時:
古文単語「うるはし/麗し/美し」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
5,460 views
うるはし/麗し/美し

ALT

形容詞・シク活用

未然形うるはしくうるはしから
連用形うるはしくうるはしかり
終止形うるはし
連体形うるはしきうるはしかる
已然形うるはしけれ
命令形うるはしかれ


意味1

美しい、立派だ、壮麗だ

※主に上代の用法。
[出典]:景行天皇 古事記
「倭は国のまほろばたたなづく青垣山ごもれる倭しうるはし。」

[訳]:大和の国は国々の中でも最も優れた国だ。重なり合っている青垣の山。その山々に囲まれている大和は美しい


意味2

容姿や態度が端正である、整っている、きちんとしている

[出典]火鼠の皮衣 竹取物語
うるはしき皮なめり。」

[訳]きちんとした皮のようです。


意味3

親密である、親しい、仲むつまじい

[出典]:伊勢物語
「昔、男、うるはしき友ありけり。」

[訳]:昔、男に、親しい友人がいた。


意味4

律儀である、几帳面である、格式張っている、あらたまっている

[出典]:玉鬘 源氏物語
うるはしくものしたまふ人にて、あるべきことは違へたまはず...」

[訳]几帳面でいらっしゃる人で、決まったことはきちんと間違いなくなさって...


意味5

間違いない、本物である、正しい、正式である

[出典]:紺搔之沙汰 平家物語
「故左馬頭義朝のうるはしき首とて...」

[訳]:亡くなられた左馬頭義朝の本物の首だといって...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。