manapedia
古文単語「こちたし/言甚し/事甚し/言痛し/事痛し」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
1,559 views
こちたし/言甚し/事甚し/言痛し/事痛し

ALT

形容詞・ク活用

未然形こちたくこちたから
連用形こちたくこちたかり
終止形こちたし
連体形こちたきこちたかる
已然形こちたけれ
命令形こちたかれ


意味1

口数が多くて煩わしい、人のうわさがうるさい

※上代語。
[出典]:万葉集
「人言はまことこちたくなりぬともそこに障らむ我にあらなくに」

[訳]:人のうわさが本当にうるさくなったとしても、それが(あなたとの恋の)妨げとなる私ではないのになあ


意味2

量が多くて煩わしい、数が非常に多い、おびただしい

[出典]:関白殿、二月廿一日に 枕草子
「殿上人、四位、五位こちたくうち連れ...」

[訳]:殿上人、四位、五位(の位の人たちを)非常に多く連れ立って...


意味3

甚だしい、おおげさだ、仰々しい

[出典]木の花は 枕草子
「桐の木の花、紫に咲きたるはなほをかしきに、葉の広ごりざまぞ、うたてこちたけれど...」

[訳]:桐の木の花が、紫色に咲いているのはやはり風情があるが、葉の広がる様子が、異様におおげさなのだが...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。