manapedia
更新日時:
古文単語「ふしぎ/不思議」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
3,170 views
ふしぎ/不思議

このテキストでは、古文単語「ふしぎ/不思議」の意味、解説とその使用例を記している。

名詞

意味

思いもよらないこと、理解を越えていること、常識はずれなこと

[出典]安元の大火 方丈記
「予(われ)、ものの心を知れりしより、四十(よそぢ)あまりの春秋を送れる間に、世の不思議を見ること、ややたびたびになりぬ。 」

[訳]:私が物事の道理を理解するようになった頃から、四十年あまりの年月を過ごしてきた間に、世の中の思いもよらないことを見ることが、次第に度重なった。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。