manapedia
更新日時:
古文単語「ものあはれなり/物哀れなり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
7,125 views
ものあはれなり/物哀れなり

このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「ものあはれなり/物哀れなり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

形容動詞・ナリ活用

未然形ものあはれなら
連用形ものあはれなりものあはれに
終止形ものあはれなり
連体形ものあはれなる
已然形ものあはれなれ
命令形ものあはれなれ

※「もの」は接頭語。

意味

なんとなく感慨深い感じがする様子、なんとなくしみじみと感じられる様子

[出典]九月二十日のころ 徒然草
「荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬ匂ひ、しめやかにうち薫りて、忍びたるけはひ、いとものあはれなり。 」

[訳]:荒れ果てた庭には露がたくさんおりて、(客が来たからといって普段はしないような、わざとたいたお香の香ではなく、常ひごろ自然と炊いているであろう)ことさらではない(お香の)匂いが、しっとりとただよって、(この家の人が)人目につかない(ようにひっそりと住ん)でいる様子に、たいそうなんとなく感慨深い感じがします。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。