manapedia
更新日時:
古文単語「こころざま/心様」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
2,171 views
こころざま/心様

このテキストでは、古文単語「こころざま/心様」の意味、解説とその使用例を記している。

名詞

意味

心のあり方、性質、気立て

[出典]三文にて歯二つ 沙石集
「少分の事なれば、ただも取るべけれども、心様の憎さに、『ふつと一文にては取らじ。』といふ。」

[訳]:少額のことなので、ただで抜いてもよいのですが、(その男の)心のあり方が憎らしいので、「決して一文ではとらない。」と言います。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。